■CALENDAR■
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
<<前月 2020年02月 次月>>
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:
■ADMIN■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■

完全フカセ&カワハギ
実に8ヶ月釣りをしていませんでした。
釣りが好きで、好きで、たまらないというわけではなく、
普段仕事で頭が一杯だから、頭のリフレッシュの為の行動として
たまたま、自分の場合、「釣りをしていると、他のことを忘れている。」というのが良かったわけで、
久しぶりに、頭を休める為の釣り。
釣りに行っていない自分が言う事ではないが、私の場合、
「釣れない釣りは面白くない」だから、「やりたい釣り」ではなく「釣れる釣りをする」という方針に基づき釣りに行きます。やってみてつれない釣りはやめてしまいました。
気がついてみると「カワハギ釣り」と「完全フカセ」、「イカ釣り」に私の釣りは絞られてきました。
今回は、「カワハギ&完全フカセ釣り」です。
シイラ
70センチで40Lのクーラーに押し込むようなサイズのシイラが釣れましたが、2mになる魚なので、これでも小型だそうです。

坂村イカダ
昼過ぎになってやっと釣れ出し、そこそこ釣れました。
我が家の食卓は3日ほど、魚三昧でした。
釣ってその場で、エラを切り、血抜きをして、海水氷につけて持って帰るので、本当においしい。釣りはしんどいので、頭のリフレッシュのことが
なければ、別の遊びをと思うのですが、魚はおいしいので、そのことだけ考えると、もっと釣りに行きたいとか思うのです。


| http://www.topmail.co.jp/blog/index.php?e=1090 |
| 休日::FISHING | 10:53 PM | comments (x) | trackback (x) |
寸暇を惜しんで、イカに会えず。
11月末から、あまり休みをとれていなかったので、この前の日曜日に、潮回りは悪いのに、釣りに行ってきました。
渡船で磯に渡り、アジを泳がせるも、午前中の2度のあたりで、イカをのせることができずに、午後からは、お土産釣りにいそしんで、小魚を釣って帰ってきました。
刺身
メジナにカサゴ、アジは、イカ用の餌があまったんですね。
冬のメジナの刺身は、臭くなくて美味しいです。大きなカサゴは、今晩煮付けになる予定です。

| http://www.topmail.co.jp/blog/index.php?e=1014 |
| 休日::FISHING | 12:44 PM | comments (x) | trackback (x) |
串本水深40m…惨敗
久しぶりに気分転換しようと思って、次女と串本へ出かけたのですが、いつもの串本のかせ(小舟)は満杯。ほかをいくつかあたるも、満杯で、やっと予約できた未経験の船頭の案内で、串本のいつもと違う場所へ、深さ40mというから期待したのですが、自分のいつもの釣りは、歯がたたず。次女も水深が深くて、仕掛けが重くなるため、リールが巻けないのです。
釣果
ごらんの貧果となりました。
ただ、かわはぎは今までで一番よい状態で持ち帰ったため、絶品の味でした。うまずらははじめてでしたが、かわはぎより、こりこりしておいしいのです。
これから魚はおいしくなる時期です。

リベンジですね。

椿花の湯

ふらふらになりながら、5歳の次女と、白浜手前の道の駅の「椿はなの湯」で冷えた体をあたためて、たわいない会話を楽しみながら、帰りました。

| http://www.topmail.co.jp/blog/index.php?e=956 |
| 休日::FISHING | 11:07 PM | comments (x) | trackback (x) |
阿曽浦での釣果
娘を連れていつもの阿曽浦へ。アオリイカをばらすも以下のような釣果となりました。
阿曽浦
めいち鯛4枚、カワハギ2枚、カサゴ2枚の釣果。人様に配るほどは釣れず…しくしく

めいち鯛は、市場に出回らないため、高級魚らしく「小さいものも塩焼きより、刺身がいいよ」と言われました。
たしかに淡泊でくせのない味でしたね。おいしかったです。

H丸の船長さんに、何で釣ったのと聞かれ、「カワハギ仕掛け」と答えると「えっ!」と絶句していました。
私はカワハギ仕掛けでいろいろ釣る人なんですよね。

カサゴを煮付けにしなかったのは失敗でした。刺身より煮付けの方がおいしいかも。

| http://www.topmail.co.jp/blog/index.php?e=943 |
| 休日::FISHING | 09:57 PM | comments (x) | trackback (x) |
今年の釣果
4月4日 串本での釣果 次女4歳初めてのカワハギ2匹が含まれています。真鯛43センチは自己記録です。
カワハギ

5月1日 阿曽浦での釣果 今年初アオリイカ750g
阿曽浦

| http://www.topmail.co.jp/blog/index.php?e=937 |
| 休日::FISHING | 10:35 PM | comments (x) | trackback (x) |
串本へ
4歳の次女のカワハギ釣りたいという夢を果たすために、4回目の挑戦

めずらしく、潮がよく、午前中に期待がもてます。先月の釣行のように竿も出さずに撤退ということは避けたかったので、自分の欲を押さえて、子供が安心して釣れる波のない場所でお願いしますと渡船屋さんに伝えていました。

場所は浅海の浅井ポイントです。水深は約19M。

真鯛
次女はとうとう、自力でカワハギを釣りました。それも4枚。長女も4枚。
私は、真鯛の41センチ(マダイ自己記録)と35センチ。カワハギは2枚。

針千本
ハリセンボンが釣れました。穴子も釣れましたね。あと、ヒトデを7枚ほど。串本のカセは楽しいですね。



| http://www.topmail.co.jp/blog/index.php?e=930 |
| 休日::FISHING | 11:14 PM | comments (x) | trackback (x) |
先日の釣りのこと
先日、当初予定していた、阿曽浦の渡船屋さんから、連絡が入って、「水温が低くて釣れてないから、キャンセルした方がいいんでない」となんとも商売っ気のない、正直な電話をいただきました。三重県の釣りえさ屋に、予約のキャンセルの旨を伝えて、子供たちと釣りの約束を果たす為に、なんとか、津久野のカセ(小舟)を予約したのです。
当日は、波が高く、釣り場にアンカーをおろしてもらったときには、子供は船酔いで、二人とも、伏せて動きません。「申し訳ないし、残念ですが、子供が船酔いなので、迎えにきてください」
竿ケースから竿を出す事もなく、作っていた団子えさをすべて海に流して、迎えに来てもらいました。釣り道具を出さなかったのは、過去の釣行でもはじめてです。
9時前に車に荷物をすべて戻して、子供たちがかわいそうだなと思いました。陸に上がると、子供たちは、先ほど迄が嘘のように元気。

宝の湯
御坊まで数キロだったので、足を伸ばして、スーパー銭湯に連れて行くことにしました。私も無理を押しての体力的に厳しい中での釣行だったので、スーパー銭湯で2時間ほど、気絶に近い状態だったのですが、子供たちは、田舎の朝の人のいないスーパー銭湯で、きゃっきゃきゃっきゃと楽しんでいたようです。露天風呂なんか貸し切りだし。
そのあと、雨が降ってくる中、がら空きのスーパー銭湯の駐車場で、子供たちのために、ラーメン屋さんを開店しました。お湯をわかして、カップラーメンを作ってあげただけなのですが、子供たちは、大喜びでした。

世の中、うまく行かない事もいっぱいある。それでも、どうやったら楽しく生きていけるか。そういうことを子供たちは、学んだのではないでしょうか。釣りが全くできなかったことで、落ち込んだのは、お父さんだけでしたね。

| http://www.topmail.co.jp/blog/index.php?e=924 |
| 休日::FISHING | 10:36 PM | comments (x) | trackback (x) |
釣りの準備
この土曜日に、娘たちと、南伊勢の阿曽浦のイカダに釣りに連れて行く約束をしました。水温が13度ぐらいなので、もう少し高い方がいいのですが、いい時を選んで釣りにいけるようなぜいたくな時間使いが許されないので仕方ありません。
えさきちの玉城館に、アオリイカ釣り用の活き鯵を15匹、チヌ釣り用のボケを20匹予約しました。行くしかないな。
ボケボケ

アオリイカは、水温が15度以上は欲しいのですが、期待薄ですね。
カワハギとチヌはなんとかしたいものです。

厳しい結果が見えていても、釣りにいくのは、わくわくします。明日一日、仕事で燃焼しましょう。

| http://www.topmail.co.jp/blog/index.php?e=920 |
| 休日::FISHING | 09:57 PM | comments (x) | trackback (x) |
串本カセ…浅海(せんかい)へ
4歳、6歳を連れて、本年の初釣りへ。前回、ベラの数釣りをしたポイントを予約。ところが、あいにくの強風で、子連れで風のないポイントへということになり、浅海というポイントへ。
まずは、活き鯵をつけて、針を落とします。マトウダイとヒラメ狙いです。
そのあと、定番のカワハギ釣りですが、小舟の足下は、棚になっているのは船頭さんから聞いたのですが、とにかく、根がかりが乱発。相当数持っていった仕掛けも全滅、おもりも15個は失いました。

新しいポイントに行くと、痛い目にあいますが、勉強にはなります。今回は、船が全く流れない養殖筏固定だったので、魚を寄せなければいけないのですが、まきえさを持っていっていませんでした。だから、魚が来なければ、まったく釣れないということになります。

それでも、長女が1匹、私が2匹、カワハギを釣り、マトウダイもなんとか一匹釣れました。最後の最後に、ヒラメをかけましたが、無念のラインブレーク、そう簡単には大物は釣れてくれませんね。

釣果
昨年の初釣りが、日高のカセで、船酔いで、釣りもできずに、陸にもどったことを考えると、悪くないかもしれません。
でも、釣りはやっぱり漁師モード(爆釣)が楽しいですよね。

今回は、カセ(小舟)を降りる前に、ナイフで、魚をしめたので、持ち帰った魚の刺身も、肝も、臭みがなく、たいへんおいしくいただけました。
魚の目の後ろにナイフを突き立てると、魚が一瞬、暴れて息絶えるのですが、命をいただいているという感じがしましたね。

| http://www.topmail.co.jp/blog/index.php?e=887 |
| 休日::FISHING | 10:07 PM | comments (x) | trackback (x) |
先日のマトウダイ
まとうだい
先日、串本で釣ったマトウダイです。活き鯵を泳がせていたら、竿先が曲がったままになり、釣れたのがこのマトウダイでした。「ブホッ、ブホッ」と鳴くので、子供たちは大笑いでしたが、このマトウダイ、フレンチの高級食材として扱われるらしく、妻にムニエルにしてもらいましたが、非常においしかったようです。私は、弁当で冷たいのを食べましたが、それでも十分おいしかったですから、これを目当てに釣りに行ってもいいぐらいですね。子供二人とのトーナメントの結果は、大物狙いの私がマトウダイだけで、娘たちに完敗でした。

| http://www.topmail.co.jp/blog/index.php?e=864 |
| 休日::FISHING | 11:02 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑